石川県の北信越運輸局認定工場輸入車(外車、インポートカー)専門板金塗装のモトーレ・ジェイ・ワン:motore-j-one
HOME 会社概要 事業実績 中古車販売 モトーレブログ お問い合わせ

モトーレブログ

あやしげな物

 

シルバーのアタッシュケースが届きました

このような物を注文した覚えがなかったのでなんだろうと思い中を確認しました



中から出てきたのはホールソーのセットでした

ホールソーとは名前の通り円形の穴を開けるキットです。色々なサイズがあり
鉄板からアルミまでサイズを決めて穴を開けれるすぐれものです

こんな怪しげなアタッシュケースから出てきたのでビックリしました




電気ドリル購入

 今まで使用していた電気ドリルが古くなってきたので新しいドリルを購入しました



スナップオンの電気ドリルです。



18V(ボルト)のパワーがあるドリルです新品のものはキレイでいいですね

早速使いたいと思います




スペシャルツールの紹介

 整備をされている方はご存知かもしれませんがとても便利な工具を紹介します



ラジエータホースなどのホースバンドを外すときになかなかプライヤーなどの
工具が入らなくて外しにくい時などありませんか

これはスナップオンから発売されているバンド外しです。



とってもこの工具は優れものです



先端にこのようなつめが付いていて、ハンドルをにぎると ・ ・ ・



ここまでつぶれてロックがかかりますこれで細い隙間などからでもこの工具を
入れて簡単にバンドを外す事が出来ます

使ってみて納得しましたもし機会があれば整備士の方はぜひ一度、使ってみてください。

もう手放せなくなりますよ




工具のサビ落とし

いつも使っているソケットのサビが目立ってきたので、サビ落とししました

サビ落としの液体をスプレーし、約10分ほど放置後、歯ブラシを使い汚れを水で流します。




後は、水気をよく拭き取って、アブラを塗りこみ、乾燥します。



ピカピカになりました




デモンストレーション

 工具のデモンストレーションが行なわれました



システムフォーさんの製品です。



ハンドポリッシャーですが、今回の製品は磨きに使用も出来ますし、塗装時に
付着したブツ(ゴミ)を取り除く商品です。



まずは下準備です。



ポリッシャーのバフにコンパウンドを塗ります。





その塗り上げたバフを専用容器で圧着します。この作業を数回繰り返して、
バフにコンパウンドの膜を作ります。

これで下準備は完了です作業中の写真がないのが残念ですが、作業をした時に
アップしますね

塗装後のブツは通常はペーパーで削り取ってポリッシャーで磨き上げるのですが、
これはペーパーを使用せずにブツを取り除くものなので、実際に使用すると磨きの
時間が短縮される分、効率があがると思います

使ってみるのが楽しみです




塗装ガンの選択

 現在使用している塗装ガンの調子がイマイチなので一つ購入する事にしました



まず用意されたのは2丁のガンです。ガンにも多数の種類があり、
それぞれのガンに塗出量、塗出パターン違いがあります

今回購入するのはサフェーサー(液体パテ)用のガンです。



それを業者さんに伝えたらもう1丁ガンが用意されました

それぞれ特徴が違います 難しい選択です

・ ・ ・眺めていてもわからないのでパターンテストをして決めたいと思います





エアコン フロンガス回収装置 デモンストレーション

 昨日、デンゲンさんのデモンストレーションがありました



フロンガスの回収装置です。



車両の高圧と低圧にセッティングをしてスイッチオンです



最近の装置はとても便利でスピーディーになりました



このメータで低圧と高圧の圧力を確認します。



回収と真空引き、充填もすぐに出来ます

いい物を見させてもらいました

・ ・ ・その分、値段もビックリ価格ですけどね





特殊ツール

車両修理でドア交換等ある時にどうしても抜けない配線ってありませんか

当社ではカプラーから配線を抜く時にこれを使っています。




配線カプラーに二股になっているピンをさしこむだけで・・・



配線がぬけてしまいます

驚くほど簡単に抜けてしまうのでとても便利ですよ




鈑金用ワッシャー溶接機

 今日は当社が鈑金時に用いるちょっと特殊な工具を紹介します



ショットホルダーです。これは溶接ワッシャーを瞬時に連続で取り付ける事が
出来るとても便利なものです



先端から頭を出しているのが溶接ワッシャーです。何本もセッティング出来て
手間がかかりません



実際に使用してみるとこんな状態です。細かくワッシャーがついているのがわかりますね

まだ使用されていない鈑金屋さんはぜひ使って見て下さい




DUST CUT METAL(ダストカットメタル)

当社が塗装後のゴミ取りに使用しているものを紹介します。



DUST CUT METAL (ダストカットメタル)です。



こんな小さなブロックですけれど切れ味はとても鋭いですワッ!

うっかりポケットに入れていたらズボンも切れてしまうと思います冷や汗

コレを使用するときは、



この様に角度をつけずにボディーにベタ(平らな状態)で使用します。角度をつけてしまうと塗装がえぐれてしまいますNO!

あまり頻繁には使用しませんが、塗装時に付着した大きなゴミやクリヤーが流れた時に使用します。このブロックを使用する理由は、普通のブツ取り(ゴミ取り)と同じ感覚で大きなゴミやクリヤー流れを除去しようとしてもまわりのクリヤーも一緒に削れてしまいフラット(真っ直ぐ)にはならないからです。

とても優れものですので同業者の方にはおすすめですよOK





| 1/2PAGES | >>

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ブログカウンター

ブログパーツUL5

時間

記事の選択

カテゴリ

過去の記事

links

ブログ内の検索

その他

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM